日本ケミファ株式会社

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

メディカルトピックス

手術中の脳は痛がっている? - 痛みとブラジキニン

先取り鎮痛作用とブラジキニン

術後疼痛においては、手術にともなう持続的な痛み刺激により中枢神経系の痛覚過敏状態(感作)が強く影響しています。全身麻酔は意識がないので、痛みを感じていないように思われがちですが、実は痛みの情報は脳に到達しているのです。つまり、脳は痛みを感じ、それを記憶しているのです。そこで、術前に鎮痛薬、局所麻酔、オピオイドなどを用いた鎮痛処置を施しておくことを先取り鎮痛といいます。
先取り鎮痛による末梢あるいは中枢神経系の感作を阻止することで、脳は痛みを感じることなく、術後の疼痛が軽減されるのです。

マウスの実験でブラジキニンB2受容体拮抗薬による先取り鎮痛効果が確認されました

マウスの足底の皮膚と筋膜を切開する「術後疼痛モデルマウス」に、ブラジキニンのB2受容体アンタゴニストを投与すると、明確な先取り鎮痛効果が確認されました。
したがってB2受容体に対して作用する化合物には、手術前投与による手術後の先取り鎮痛効果が期待されます。

マウス術後疼痛モデルにおけるブラジキニン、B2受容体アンタゴニストの効果

 

製品に関する
お問い合わせ

くすり相談室

インターネットでの
お問い合わせ
フリーダイヤルを
ご利用の方
0120-47-9321
携帯・スマートフォンをご利用の方
03-3863-1225

受付時間 8:45〜17:30
※土日・祝日を除く

関連情報
健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
大腸内視鏡検査の前に 腸管洗浄剤を服用される方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
メディカルトピックス
ジェネリック医薬品FAQ
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
会員コンテンツのご紹介
トピックス一覧
会員ログイン
メールでの情報提供について
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
経営理念
社長メッセージ
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用担当者からのご挨拶
採用案内FAQ
MR認定試験合格体験記
先輩社員からのメッセージ
部門紹介

医療関係者向けサイト

医療関係者の皆さまを中心に、弊社の提供する医療用医薬品情報、臨床検査薬情報、セミナー・研究会情報などを掲載しています。

あなたは
医療関係者ですか?

会員コンテンツ

すでに会員登録されている方は、下記よりログインしてご利用ください。
※ログイン画面に遷移いたします。

会員コンテンツについて

会員コンテンツでは、厚生労働省などの審議資料・素材として使用できるイラスト等をダウンロード、日本ケミファが発行している資材のご注文を行う事ができます。医療関係者のみのご登録となります。

Copyright © 2016 Nippon Chemiphar Co., Ltd. All rights reserved.

これより先は日本ケミファ株式会社のホームページを離れ、
外部サイトへ移動しますがよろしいですか?