日本ケミファ株式会社

薬剤師向け情報集

2025年を見据えた薬局マネジメント -人材育成の観点から-

第1回 盤石な経営は人づくりに始まる

  • 著者:全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 会長
  •     栃木県薬剤師会 会長
  •     株式会社メディカルグリーン 代表取締役社長
  •     大澤 光司

■人材の確保・育成の重要性

  1. 薬局の役割が変わりつつあることを誰もが肌で感じていることでしょう。
    世界に類を見ない少子高齢化が進むわが国では、「2025年」に向け、地域包括ケアシステム構築が急がれ、保険薬局にもその一翼を担うことが期待されています。
    一方、調剤業務に関しては、2016年度改定に顕著だったように、「門前薬局」に代わってかかりつけ薬局を評価しようという流れができつつあります。
    薬局への風向きの変化を受け、日本薬剤師会でも「4つのアクセス」を提示しています(1)


    画像を拡大する

  1. このような中、個々の薬局も生き残りを目指し「2025年」に焦点を当てた薬局経営を考えていくべきです。
    そのときポイントとなるのは、変化に対応していける人材をいかに確保・育成していくかであり、それが盤石な経営へとつながります。

    具体的には、調剤業務に加え、在宅医療チームの一員たりえる人、かかりつけ薬剤師たりえる人。
    そのためには、患者さんや他職種から「この薬剤師なら間違いない」と信頼される必要があり、その際、基準となるのは「人間性」でしょう。

    そこで本連載では、当社・株式会社メディカルグリーンでの実践をもとに、新人や若手のヒューマンスキルをどう磨いていくかについて考えていきたいと思います。
    全5回、よろしくお付き合いください。

■メディカルグリーンについて

  1. まず、当社がどんな会社なのかを簡単にご紹介しましょう。
    当社は、栃木県栃木市という、非常に地味な地域で1984(昭和59)年に創業し、「健康社会創造企業」を目指しています。
    薬局店舗は、栃木市を中心に13店舗を有し、来年には15店舗となる予定です。

    当社は、最近まで薬局経営一筋できましたが、地域のニーズに応えるかたちでデイサービスセンターの運営や居宅介護支援に乗り出したり、「ちびっこランド」という保育園を開設したりしています。
    したがって現在は、薬局部門、介護部門、子育て支援部門の3本柱で成り立っています。
    社員数はパートを含めて約170人。
    介護施設や保育園は1施設に多数の社員が集まっていますが、薬局に関しては1人~数人規模の店舗がほとんどです。
    経営者としては、各店舗が孤軍奮闘状態とならぬよう、あるいは、店舗ごとに技量や雰囲気にばらつきが出ないよう、さまざまな工夫をし、今日に至っています。

    手前味噌で恐縮ですが、私は今年、栃木県経済同友会から「優秀起業家賞」という賞をいただきました(写真)。
    並み居る起業家の中から選んでいただいたことはもちろん光栄ですが、表彰理由を読んで大いに感動しました。
    「薬剤師一人一人が主体的に学び続ける企業風土が根付いており…」と、当社が目指している社員像が書かれていたからです。
    経営者として長年、「より良い道」を探ってきましたが、その努力が報われたように感じましたし、「日ころの皆の頑張りが、第三者からもわかるようになった」と感無量でした。
    さっそく全社員に伝え、喜びを共有したのは言うまでもありません。


    画像を拡大する

■クレドで社員のベクトルを合わせよう

  1. いまでこそ、そのような評価をしていただけるようになった当社ですが、創業時からの10数年間は、組織づくりにおいて暗中模索が続きました。
    人事面では、正直、トラブルも多々あり、職場がギスギスした時期もあります。

    そんな中で、「社員の意識を同じ方向に向けることが大切だ」と考えるようになり、「クレド」なる社員の行動基準を作成し共有することにしました。
    クレドについては、日本クレド株式会社のHPより、以下に抜粋します。

    「クレドとは、ラテン語で「志」「信条」「約束」を意味する言葉です。
    昨今のマネジメントにおいては「経営理念」を表す言葉として定着しています。
    (中略)既存の企業理念の本質をそのままに、自社の存在意義(レゾンデートル)、仕事への誇り、社会に貫献している意識を盛り込み、新しい経営の価値観を形にしたツールが「クレド」なのです」2)

    以降、社員一人ひとりが、クレドの実践に努めるこ とで、社内が一方向を向いて足並みをそろえるようになったのです。

    この連載では、そうした経験を踏まえ、「大澤流・新人や若手の育て方」を述べていこうと思います。
    と言っても、どれもこれも、「なんだ、そんな簡単なことか」と拍子抜けするようなことばかりです。
    しかし、その簡単なことを実践し続けられるかどうかが、人材育成の鍵ではないかと考えます。

    前置きが長くなりましたが、次回は「大きな声を出して元気になる」と題して、当社の朝礼風景をこ紹介したいと思います。

  1. 参考文献
    1)公益社団法人日本薬剤師会:規制改革会議公開ディスカッション「医薬分業における規制の見直しについて」2015年3月12日.
     http://www.nichiyaku.or.jp/action/wp-content/uploads/2015/03/150312_5.pdf
    2)日本クレド株式会社HP. http://j-credo.com/

製品に関する
お問い合わせ

くすり相談室

インターネットでの
お問い合わせ
フリーダイヤルを
ご利用の方
0120-47-9321
携帯・スマートフォンをご利用の方
03-3863-1225

受付時間 8:45〜17:30
※土日・祝祭日を除く

関連情報
健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
大腸内視鏡検査の前に 腸管洗浄剤を服用される方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
ピコプレップ配合内用剤
メディカルトピックス
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
経営理念
社長メッセージ
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
先輩社員からのメッセージ
部門紹介

医療関係者向けサイト

医療関係者の皆さまを中心に、弊社の提供する医療用医薬品情報、臨床検査薬情報、セミナー・研究会情報などを掲載しています。

あなたは医療関係者ですか?

Copyright © 2016 Nippon Chemiphar Co., Ltd. All rights reserved.

これより先は日本ケミファ株式会社のホームページを離れ、
外部サイトへ移動しますがよろしいですか?