日本ケミファ株式会社

Chemiphar WISELY

医師、病院薬剤師、経営者の方向けに発行しています情報誌Chemiphar WISELYです。
診療報酬改定や医療連携又は地域包括ケアシステム等をテーマに様々な情報を掲載しています。

No.61

【Top Runner's View】
外国人医療の課題解決は
日本の医療の利便性向上にもつながる

“日本語が分からない人”も安心して受診できる体制確立を
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
特定非営利活動法人AMDA国際医療情報センター 理事長
小林 米幸


【新連載/大腸がん検診における画像診断の役割 内視鏡と大腸CT(1)】
心身に負担の少ない大腸CTで大腸がん検診受診率の向上を
社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院予防医療センター センター長
満崎 克彦


No.60

【Top Runner's View】
質の高い最先端の呼吸器医療を地域へ提供
患者と医師双方に選ばれる施設へ

「三重県における呼吸器センター」の役割を担う
松阪市民病院 統括副院長兼呼吸器センター長
畑地 治


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(16)】
認知症診断におけるMRIの役割と今後の可能性
国立長寿医療研究センター 放射線診療部 医長
櫻井 圭太


No.59

【Top Runner's View】
複数の3次元画像で大腸を詳細に描出
前処置の患者負担が少ない大腸CTの普及を
遠隔読影やコンサルで医療機関の大腸CT導入を支援

退院後の患者と接点を持ち続け 骨粗鬆症の治療継続をフォロー
株式会社イーメディカル東京 遠隔画像診断センター
診療放射線技師 鈴木 雅裕


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(15)】
ウィズコロナ時代の認知症診療
東京大学医学部附属病院 早期・探索開発推進室
特任講師 新美 芳樹


No.58

【Top Runner's View】
「骨粗鬆症リエゾンサービスⓇ」を展開する
二次骨折予防のリーディングホスピタル

退院後の患者と接点を持ち続け 骨粗鬆症の治療継続をフォロー
医療法人愛広会 新潟リハビリテーション病院
院長 山本智章


【外国人診療日記(10)】
いつになく外国人の受診割合が多い平日も…
今や明らかに増している外国人患者の存在感 ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸

No.57

巻頭特別企画
Withコロナの新生活様式に合わせた
医療機関経営と連携

メディキャスト株式会社


【外国人診療日記(9)】
1カ月も続く胸部痛に悩むペルー人男性が来院
持参した他院の検査結果に異常は見られないが… ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【医療最前線Report】
地域包括ケア病棟における薬剤管理指導の重要性
大館市立総合病院 薬剤科
目時 莉紗


【大腸がんによる死亡ゼロを目指して(3)】
チーム医療で大腸内視鏡検査の課題に立ち向かう
医療法人社団康喜会 辻仲病院柏の葉
院長 浜畑 幸弘

No.56

【Top Runner's View】
多職種が関わる初診の認知症診療モデルを確立
スムーズな地域連携で患者・家族のSOSに対応

認知症になっても幸せに生きることを支える医療を目指す
医療法人社団翠会 行橋記念病院 副院長
福岡県認知症医療センター センター長
本村 暁


【外国人診療日記(8)】
AMDAの新型コロナに特化した電話相談から感じた
“PCR検査に至る過程”に対する 人々の誤解 ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【大腸がんによる死亡ゼロを目指して(2)】
目指すのは「高品質」「安全」「快適」な大腸内視鏡検査
医療法人社団康喜会 辻仲病院柏の葉
院長 浜畑 幸弘

No.55

【Top Runner's View】
DPCデータやビッグデータを利活用し
医療の質や地域医療を分析・評価

医療安全管理からクオリティ・マネジメントへ
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医療政策情報学分野 教授
医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター センター長
伏見 清秀


【外国人診療日記(7)】
真の来院目的判明までに時間を要した
血液検査希望で早朝にやってきた兄妹のケース ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【新連載 大腸がんによる死亡ゼロを目指して(1)】
大腸内視鏡検査の現状と受診率向上の課題
医療法人社団康喜会 辻仲病院柏の葉
院長 浜畑 幸弘

No.54

【Top Runner's View】
消化管内視鏡検査に対する敷居を下げ
胃がん・大腸がんによる死亡ゼロを目指す

「誰もやらないこと」を推し進め、内視鏡で世の中を変えたい
昭和伊南総合病院 消化器病センター
センター長 堀内 朗


【外国人診療日記(6)】
日本語の上手な外国人のケースから学んだ
診療で注意すべき2つのこと ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(14)】
早期診断後の迅速かつ適切な介入で
認知症の人のQOLを向上させる

望む場所で最後まで自分らしく暮らせる社会に
大阪大学大学院医学系研究科
情報統合医学講座 精神医学教室
教授 池田学

No.53

【Top Runner's View】
災害時に備え、地域を視野に入れた
「地域Healthcare BCP」の策定が急務

災害時の医療・福祉を守るため コンソーシアム立ち上げ討議
独立行政法人労働者健康安全機構
理事長 有賀 徹


【外国人診療日記(5)】
EPAで来日し 看護師試験に合格した人材は
家族も帯同可能な“特定技能二号”に認定を ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(13)】
科学的根拠に基づく認知症施策の推進と
認知症に対する誤解の是正が鍵

認知症の人との共生社会を目指す
大阪大学大学院医学系研究科
情報統合医学講座 精神医学教室
教授 池田学

No.52

【Top Runner's View】
地域住民のニーズに徹底して寄り添い
在宅を含む医療介護複合体を目指す

連携室に権限を持たせたPFMで
病床を最大限に活用し地域に貢献
医療法人愛生館 小林記念病院
院長 小田高司
看護部副部長・連携室副室長 中井敏子
診療技術部 薬剤科科長 加藤豊範


【厚生行政ニュース】
2019年10月のポイント

【外国人診療日記(4)】
自由診療に関する患者向け情報については
事前に公開しておくべきだ ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【[認知症特集シリーズ] 高齢者運転の現状(3)】
次なる手段”自転車利用に潜む危険”
東海大学工学部土木工学科
准教授 鈴木美緒

No.51

【Top Runner's View】
地域医療の課題に正面から対峙
職員と住民に信頼される病院であり続ける

“病院への愛着(エンゲージメント)”をキーワードに、
質の高い地域完結型医療の実現へ
医療法人社団善仁会 小山記念病院
事務長 鈴木清隆


【厚生行政ニュース】
2019年8月のポイント

【外国人診療日記(3)】
海外旅行者にも人気の日本の薬
ゆえに「自分の保険で家族におみやげ」?ほか

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【[認知症特集シリーズ] 高齢者運転の現状(2)】
運転をあきらめない
高齢者ドライバーへのアドバイス

NPO法人高齢者安全運転支援研究会
理事長 岩越和紀

No.50

【Top Runner's View】
複数の診療科と多職種連携による「高機能総合病院」
100周年を経て 次の時代の医療を目指す

患者と地域医療を幅広く支える「総合力」が強み
社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部東京都済生会
東京都済生会中央病院
院長 高木誠
薬剤部長 清水淳一


【厚生行政ニュース】
2019年6月のポイント

【外国人診療日記(2)】
在留カードの生年月日欄
「○○月○○日」の表記が「あり得る」理由とは

医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【新連載[認知症特集シリーズ] 高齢者運転の現状(1)】
認知症と運転免許について
高齢運転者が安全に運転を継続するためには
自動車安全運転センター
業務部長 岡本努

No.49

【Top Runner's View】
国際的な医療機能評価JCIの認証取得・更新で患者中心の医療を推進
ホスピタリティの高い新病院で 安全・良質な医療を提供
足利赤十字病院
院長 小松本悟


【厚生行政ニュース】
2019年4月のポイント

【新連載 外国人診療日記(1)】
外国人患者と医療機関には 3つの支援が重要ほか
医療法人社団小林国際クリニック 
理事長・院長 小林米幸


【医療最前線 特別インタビュー】
「メンタルヘルスは食事から」
栄養精神医学を用いてレジリエンスを向上

鉄欠乏等へのアプローチで「栄養型うつ」を改善
医療法人山口病院 精神科部長
日本栄養精神医学研究会 会長 奥平智之

No.48

【Top Runner's View】
東北地域の感染制御・感染管理の要として
「東北感染制御ネットワーク」を構築

情報共有など4つの柱を中心に活動を展開
東北大学大学院医学系研究科 内科病態学講座
総合感染症学分野 感染制御・検査診断学分野
東北大学病院 総合感染症科/検査部
教授 賀来満夫


【厚生行政ニュース】
2019年2月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
地域づくりを視野に入れた在宅医療を実践
課題「見える化」する手法で多職種連携円滑に

支援困難例の問題整理にマインドマップが有効
つながるクリニック 院長 八森淳
事務長 地域連携室長 大友路子


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(12)】
糖尿病は認知症発症の危険因子
3病変の“合わせ技”で発症早まる

血糖管理で認知機能のさらなる低下を抑制
東京医科大学高齢総合医学分野(高齢診療科)主任教授
認知症疾患医療センター長
羽生春夫

No.47

【Top Runner's View】
医療・介護の関連施設、自治体が一体となる
「東北感染制御ネットワーク」で多様化する感染症を制御

感染症は個人の疾患であるとともに社会の疾患
東北大学大学院医学系研究科 内科病態学講座
総合感染症学分野 感染制御・検査診断学分野
東北大学病院 総合感染症科/検査部
教授 賀来満夫


【厚生行政ニュース】
2019年1月のポイント

【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(11)】
認知症の発症リスクを高める生活習慣病
改善することで認知症予防につながる

生活面も含めた包括的な治療とケアを
東京医科大学高齢総合医学分野(高齢診療科)主任教授
認知症疾患医療センター長
羽生春夫

No.46

【Top Runner's View】
地域ファーストの良質な医療提供のため
市民啓発や各種連携に工夫

医療の質向上に直結する取り組みは早期に導入・実践
市立芦屋病院 事業管理者 佐治文隆
薬剤部長 岡本禎晃


【厚生行政ニュース】
2018年12月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
住民の信頼に応えて80年余
安全・高機能な新病院でさらなる地域貢献へ

救急・災害医療対応を強化した新病院での取り組み
医療法人伯鳳会 東京曳舟病院
院長 山本保博
診療技術部 薬剤課 係長 江澤恵美子


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(10)】
前頭側頭型認知症のケアでは
日常生活に適応する行動の習慣化がポイント

早期からの科学的ケアで長期在宅も可能に
大阪大学大学院医学系研究科
情報統合医学講座精神医学
教授 池田学

No.45

【Top Runner's View】
アメニティ充実させた
阪神地域最大の緩和ケア病棟を実現

地域の中核病院として病院機能向上、ボランティアも活躍
市立芦屋病院 事業管理者 佐治文隆
薬剤部長 岡本禎晃


【厚生行政ニュース】
2018年11月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
医療の質・効率の向上に期待される
看護師の“調整力”

働き方の多様性は今後さらに拡大
兵庫県立尼崎総合医療センター
副院長・看護部長 箕浦洋子


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(9)】
指定難病である前頭側頭葉変性症は
特徴的な症状を見極め早期に専門医受診へ

常同行動、食行動の異常、進行性失語に着目
大阪大学大学院医学系研究科
情報統合医学講座精神医学
教授 池田学

No.44

【Top Runner's View】
マネジメントによって実現していく
医療の“最適な効率化”

問題解決する実践力、ディスカッション形式の講義で育む
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 血管外科部長
北里大学大学院医療系研究科 医療マネジメント教授
東京大学医学部 臨床指導医 血管外科非常勤講師
仲澤達


【厚生行政ニュース】
2018年10月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
重症度、医療・看護必要度とDPCデータを
医療・看護の質向上につなげる

必要な人に必要な量の看護を提供するために
兵庫県立尼崎総合医療センター
副院長・看護部長 箕浦洋子


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(8)】
レビー小体型認知症の治療は
軽減・抑制目指す症状の優先順位を明確に

多彩に現れるBPSDは家庭環境などケアの面で対応
金沢大学医薬保健研究域医学系脳老化・神経病態学(神経内科学)教授
金沢大学附属病院神経内科科長
日本神経学会理事、日本認知症学会理事
山田正仁

No.43

【Top Runner's View】
血管外科専門医と医療経営学の両視点から
地域住民の幸福支援を目指す

“臨床医の現場感覚”と“状況を俯瞰する経営感覚”が求められる時代
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 血管外科部長
北里大学大学院医療系研究科 医療マネジメント教授
東京大学医学部 臨床指導医 血管外科非常勤講師
仲澤達


【厚生行政ニュース】
2018年9月のポイント

[シリーズ]【続・外国人患者を診る(3)(最終回)】
外国人医療で経験した「してはいけない」エピソード
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸


【認知症を語る——患者700万人時代へ向けて(7)】
レビー小体型認知症は
中核的臨床特徴と指標的バイオマーカーで見極めを

12年ぶりに臨床診断基準が改訂
金沢大学医薬保健研究域医学系教授
金沢大学附属病院神経内科科長
日本神経学会理事、日本認知症学会理事
山田正仁

No.42

【Top Runner's View】
地域全体の発展を視野に入れ
地域医療連携推進法人を設立

医療・介護・生活支援の切り目ないサービス提供が狙い
地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構
理事長 栗谷義樹


【厚生行政ニュース】
2018年8月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
設立から60年余の地域の老舗病院
新築移転を契機に新たなスタート

地域ニーズに応えた機能を充実、さらなる信頼獲得へ
医療法人(社団)有恵会 香里ヶ丘有恵会病院
院長 赤木繁夫
薬局長 太田垣昌志

No.41

【Top Runner's View】
組織の枠を超えた取り組みで
地域医療の改革に挑む

県立・市立病院を統合再編し、充実した医療提供へ
地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構
理事長 栗谷義樹


【厚生行政ニュース】
2018年7月のポイント

【解説】
診療報酬改定、地域医療構想から読み解く
これからの入院医療と連携のポイント

No.40

【Top Runner's View】
多職種連携・地域連携の構築により
高齢者を「地域で診る」社会目指す

各家庭の実情に合わせた無理のない介護体制づくりを
杏林大学医学部付属病院 救急総合診療科
臨床教授 長谷川浩


【厚生行政ニュース】
2018年6月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
“地域完結できる急性期医療”へ
佐賀県東部地区での確立に注力

理念で目指す“健康という幸せ”の提供
医療法人社団如水会 今村病院 
理事長・院長 今村一郎
薬剤部長 近藤豊

No.39

【Top Runner's View】
大学病院が進める
“高齢者のwell-being”追求の取り組み

フレイルから最期まで、納得の高齢者医療提供を目指して
杏林大学医学部付属病院 救急総合診療科・もの忘れセンター
臨床教授 長谷川浩


【厚生行政ニュース】
2018年5月のポイント

[シリーズ]【続・外国人患者を診る(2)】
活用してほしい外国語版の問診票等書式
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸

No.38

【Top Runner's View】
がんに対するトータルなアプローチ
一翼支える薬剤部の取り組み

地域のがん患者支援を目指し 薬局薬剤師の研修も実施
独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター
病院長 加藤秀則
薬剤部長 遠藤雅之


【厚生行政ニュース】
2018年4月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
業務と成果の“見える化”で
薬剤の適正使用を推進

安心安全を目指した薬剤師のがん化学療法サポート
岩手医科大学附属病院 薬剤部長 工藤賢三
薬剤部 二瓶哲

No.37

【Top Runner's View】
北海道におけるがん診療の拠点
がん死亡率の改善に向けて「六位一体」の活動も

がん対策の充実目指し「北海道がんサミット」開催
独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター
院長 加藤秀則
薬剤部長 遠藤雅之


【厚生行政ニュース】
2018年3月のポイント

[シリーズ]【続・外国人患者を診る(1)】
本名による本人確認の重要性と
後日の連絡のためにすべきこととは?

医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸

No.36

【Top Runner's View】
病院運営では“3つのニーズ”意識し
機能の効率化・先端化で「頼れる病院」へ

退院後の生活を見据えたサポートも展開
社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院
病院長/低侵襲脳神経センター長 石原正一郎
副院長/心臓血管センター長 小柳俊哉


【医療最前線 特別インタビュー】
年4,000件超の救急搬送受け入れ
常にベストな治療選択肢の提案目指す

西宮地域の急性期医療を支えて——
医療法人社団甲友会 西宮協立脳神経外科病院
院長 三宅裕治

No.35

【Top Runner's View】
世界レベルの医療提供目指す
脳と心臓の高度医療センターを開設

患者・スタッフ双方のケアに配慮した新病院が稼働
社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院
病院長/低侵襲脳神経センター長 石原正一郎
副院長/心臓血管センター長 小柳俊哉


[隔月連載]【外国人患者を診る(6)(最終回)】
各論4・外国人患者を診る際に気をつけるべきこと
-風俗・習慣の違い以外-
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸

No.34

【Top Runner's View】
整形外科手術予定の患者対象に薬剤師外来実施
感染症関連では専門・認定薬剤師がICTで活躍

医師らの負担軽減に寄与する薬剤科の活動
国家公務員共済組合連合会 新別府病院
薬剤科長 永野俊玲
薬剤師 山村亮太


【医療最前線 特別インタビュー】
クリニックに温水プールを設置
予防医学の観点から住民の健康に貢献

リハビリの継続性高める工夫随所に
医療法人アクアクリニック伊賀 院長 藤森健次
医療法人アクアクリニック伊賀 副院長 藤森由佳子

No.33

【Top Runner's View】
263床規模で三次救急医療機関として活躍
年間肺がん手術数は県下有数の実績

多職種チームが支える中規模病院の急性期医療
国家公務員共済組合連合会 新別府病院
救急部長・救命救急センター長・集中治療室室長 添田徹
呼吸器外科部長・感染対策管理室長 三浦隆


【厚生行政ニュース】
2017年11月のポイント

[隔月連載]【外国人患者を診る(5)】
各論3・気をつけるべき風俗・習慣の違い
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸

No.32

【Top Runner's View】
“退院後の生活”重視した医療で
在宅における薬物治療の質向上をサポート

地域包括ケアを支える多職種連携の要としての薬剤師
社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院
院長 井出道也
社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院
薬剤部長 稲葉健二郎


【厚生行政ニュース】
2017年10月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
都市部高齢化の地域医療モデルとして
医師との協働を実現した
薬剤部業務とポリファーマシー対策

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)九州病院
薬剤部長 末松文博

No.31

【Top Runner's View】
地域ニーズ汲み取り地域包括ケア病棟を導入
システム確立に向け在宅医との信頼構築目指す

課題・戦略は病院全体で共有、多職種チームで目標実現へ
社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院
院長 井出道也
社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院
薬剤部長 稲葉健二郎


【厚生行政ニュース】
2017年9月のポイント

[隔月連載]【外国人患者を診る(4)】
各論2・日本の医療制度と未収金など医療費について
-診察の流れに沿って(下)-
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸

No.30

【Top Runner's View】
他の医療機関との連携強化と
スタッフの意識改革で黒字経営を回復

「熱意と誇り」を持った働き方ができる職場環境に
公立昭和病院 企業長兼院長
上西紀夫


【厚生行政ニュース】
2017年8月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
急性期から終末期まで
地域の内科医療をトータルカバー

ボランティアの育成 ・ 活躍等で充実した在宅支援活動も実現
医療法人清和会長田病院 院長 木下 正治
医療法人清和会長田病院 法人事務局長 野口 寿美代

No.29

【Top Runner's View】
“問題解決型組織”へ体制変革し
高度急性期病院の経営改善を実現

コンサルティングファーム利用した現状俯瞰も課題整理に活用
公立昭和病院 企業長兼院長
上西紀夫


[隔月掲載]【外国人患者を診る(3)】
各論2・日本の医療制度と未収金など医療費について
-診察の流れに沿って(上)-
医療法人社団小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸


【厚生行政ニュース】
2017年7月のポイント

No.28

【Top Runner's View】
良質な急性期医療・救急医療の提供支えるチーム医療の力
院内ニーズに応えた薬剤師の活躍で、薬物使用の安全性さらに向上
八戸市立市民病院 病院事業管理者
三浦一章
八戸市立市民病院 薬局長
田村健悦



【厚生行政ニュース】
2017年6月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
埼玉県の在宅医療の充実に向けてICTネットワークの活用を開始
県と郡市医師会の連携で進む「在宅医療提供体制充実支援事業」
医療法人誠昇会 北本共済医院 理事長・院長
竹並 麗

No.27

【Top Runner's View】
青森県南地域における救急“最後の砦”
医療資源の効率利用で急性期医療の一層の充実目指す

北米型ERやドクターヘリほか全国屈指の救急体制を構築
八戸市立市民病院 病院事業管理者
三浦一章
八戸市立市民病院 薬局長
田村健悦


[隔月掲載]【外国人患者を診る(2)】
各論1・日本における医療通訳の現状
—いま、わたしたちはどうすべきか—
通訳
劔持藍子


【厚生行政ニュース】
2017年5月のポイント

No.26

【Top Runner's View】
病院MOT改革
❝全員主役の病院運営❞を自分ごとで実践

職員が夢を語り合う院内研修会等で、組織力を向上
医療法人社団和楽仁 芳珠記念病院 理事長
仲井培雄


【厚生行政ニュース】
2017年4月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
急性期医療と地域医療
双方を支えるための多職種連携を模索

ICT活用した利用者情報共有システムを構築
社会福祉法人恩賜財団済生会支部
新潟県済生会三条病院 院長
郷秀人

No.25

【Top Runner's View】
地域包括ケア病棟でのPOCリハで高齢者の早期在宅復帰を実現
「包括だからできる生活回復リハ」はADL改善にも効果
医療法人社団和楽仁 芳珠記念病院 理事長
仲井培雄


[隔月掲載]【外国人患者を診る(1)】
総論・トラブルなく外国人を診療するために
医療法人社団 小林国際クリニック 理事長・院長
小林米幸


【厚生行政ニュース】
2017年3月のポイント

No.24

【Top Runner's View】
実地医家の要望汲み上げ
在宅医療連携における急性期病院の役割追求

患者の囲い込みせず 連携先と良好な関係を構築
社会医療法人製鉄記念八幡病院 理事長・病院長
土橋卓也


【厚生行政ニュース】
2017年2月のポイント

【医療政策と病院経営(19)】
2016年度診療報酬改定の影響を受けた
医療機関の経営の変化を読む

メディキャスト株式会社

No.23

【Top Runner's View】
良好なぺイシェントフローには
他施設と機能の融通・協力が不可欠

病院密集地で急性期機能を維持・発揮していくために
社会医療法人製鉄記念八幡病院 理事長・病院長
土橋卓也


【厚生行政ニュース】
2017年1月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
DPC活用の道は
「良質な医療を適切な在院日数で提供」することにあり

管理指標“入院期間尺度”を検証の目安に使用
医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 副院長 樫村暢一

No.22

【Top Runner's View】
不利な立地でも優良な病院をつくるために
人材が集まるよい文化の構築・継承と、多面的な経営分析・評価がカギ
地方独立行政法人東金九十九里地域医療センター
東千葉メディカルセンター
副センター長・循環器内科部長 佐野剛一
事務部財務課長・医事課長 小林誠


【厚生行政ニュース】
2016年12月のポイント

【医療政策と病院経営(19)】
「地域包括ケア病棟・病床」と
「かかりつけ薬剤師指導料」の届出の現状

メディキャスト株式会社

No.21

【Top Runner's View】
地域待望の高度急性期病院として開院から2年半
中核病院としての使命遂行の道を探求

医療過疎地における果敢な挑戦
地方独立行政法人東金九十九里地域医療センター
東千葉メディカルセンター
副センター長・循環器内科部長 佐野剛一
事務部財務課長・医事課長 小林誠


【厚生行政ニュース】
2016年11月のポイント

【医療最前線 特別インタビュー】
ダヴィンチ導入で全国へのアピールと
医療の質向上を同時に実現

電子ネットによる診療情報共有化でも他地域をリード
医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 院長 成田吉明

No.20

【Top Runner's View】
尊厳ある生活を支援するための施設経営とは
「過去の生活にはなかった物や習慣」は極力排除しQOL向上へ
岡山県医師会 理事
倉敷市水島地区地域ケア会議 委員長
医療法人和香会 理事長
江澤 和彦


【厚生行政ニュース】
2016年10月のポイント

【医療政策と病院経営(18)】
2016年9月より随時開始されている医療法人制度改革
メディキャスト株式会社

No.19

【Top Runner's View】
地域包括ケアは地域の互助システム
全世代対応型のシステム構築が急務

住民とともに進める“ケア付きコミュニティ”の実現に向けて
岡山県医師会 理事
倉敷市水島地区地域ケア会議 委員長
医療法人和香会 理事長
江澤 和彦


【医療最前線 特別インタビュー】
地域に良質な循環器医療を提供し続けるため邁進
急性期心疾患の救急搬送受入件数は都内トップクラス
医療法人社団栄悠会 綾瀬循環器病院 院長 丁毅文

【厚生行政ニュース】
2016年9月のポイント

No.18

【Top Runner's View】
対談
在宅医療と看取りの推進は多職種連携あればこそ

在宅医療に取り組む薬剤師を増やすための最初の一歩とは
株式会社メディカルグリーン 代表取締役社長
栃木県薬剤師会 会長 大澤光司
那須赤十字病院 薬剤部長
栃木県病院薬剤師会 副会長 中丸朗


【医療政策と病院経営(17)】
地域包括ケア時代の急性期病院の役割
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2016年8月のポイント

No.17

【Top Runner's View】
対談
地域包括ケアシステムの中での生き残り目指し
薬剤師は今こそ意識改革を

2025年を見据えた病院薬剤師・薬局薬剤師の在り方とは
株式会社メディカルグリーン 代表取締役社長
栃木県薬剤師会 会長 大澤光司
那須赤十字病院 薬剤部長
栃木県病院薬剤師会 副会長 中丸朗


【医療政策と病院経営(16)】
地域医療構想の本質的課題と地域包括ケアシステムの今後の動向
メディキャスト株式会社

【医療最前線 特別インタビュー】
医師診察前に薬剤師が患者に面談
がん外来化学療法で独自の患者サポート体制確立
医療法人社団善仁会 小山記念病院
診療技術部薬剤科兼医療情報管理部主任 花香淳一

No.16

【Top Runner's View】
実地医家との連携強化し
認知症対策の構築急ぐ

急性期医療を担いつつ在宅医療では行政・福祉とタッグ
順天堂大学医学部附属浦安病院
脳神経内科教授、脳神経・脳卒中センター長 卜部 貴夫


【医療政策と病院経営(15)】
退院支援加算と地域連携パス、
地域包括ケアシステムは退院から始まる

メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2016年6月のポイント

No.15

【Top Runner's View】
前方・後方の両連携を強化し救急患者を断らない体制構築へ
高度重症者への対処と急性期医療の提供に注力
順天堂大学医学部附属浦安病院
脳神経内科教授、脳神経・脳卒中センター長 卜部 貴夫


【医療政策と病院経営(14)】
かかりつけ医に期待される機能と育成
メディキャスト株式会社

【医療最前線 特別インタビュー】
消化器内視鏡検査件数は全国トップクラスの年間7,600例超
カプセル・小腸内視鏡など最先端機器等の療養環境整備にも注力
小樽掖済会病院 院長 佐々木一晃

No.14

【特別企画】
平成28年度診療報酬改定のポイント 後編
連携の観点から診療報酬改定をみる
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2016年4月のポイント

No.13

【特別企画】
平成28年度診療報酬改定のポイント 前編
地域医療連携、そして地域医療・介護の統合・融合へ
メディキャスト株式会社

【医療政策と病院経営(13)】
手厚い人員配置と早期退院の追求
求められる実績積むための人材育成計画

メディキャスト株式会社

【医療最前線 Report】
第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会 教育講演
「平成26年度薬剤師法改正の真実」より
平成26年法改正は薬剤師が頭角顕す好機
医療訴訟に備えた“性悪説”の意識改革必須

三輪亮寿法律事務所 弁護士 三輪亮寿

No.12

【Top Runner's View】
クリニカルパスとの出会いで目覚めたチーム医療の重要性
科学的根拠のある医療に標準化するチャンスが到来
社会医療法人若弘会 若草第一病院院長 山中英治

【医療政策と病院経営(12)】
認知症高齢者を地域と病院でサポートできる体制作りが評価される
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2016年2月のポイント

No.11

【Top Runner's View】
230床で年間5,000件超える救急受入件数
効率性・複雑性指数とも大阪府第1位

「早く受け入れ、早く治し、無事に帰る」目標に徹底したチーム医療
社会医療法人若弘会 若草第一病院院長 山中英治

【医療政策と病院経営(11)】
重症度、医療・看護必要度の項目と基準がさらに見直しへ
メディキャスト株式会社

【医療最前線 Report】
第53回日本癌治療学会学術集会 学術セミナー
「医療従事者に対する抗がん剤曝露対策の必要性
~医師の立場から~」
全国の医療機関の長に取り組み迫る
抗がん剤曝露対策協議会の活動

国立がんセンター名誉総長 垣添忠生

No.10

【Top Runner's View】
「低コスト」と「最高級レベル」はライフサイクルコストの低減で実現
CASBEEの最高位取得でエコロジカルかつ人に優しい病院に
山陽小野田市民病院 事務部参与 渡邊津波

【医療政策と病院経営(10)】
かかりつけ医機能への期待
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年12月のポイント

No.9

【Top Runner's View】
「質の良い医療提供できる病院」は「職員が働きやすい病院」と同義語
「日本一安い公立病院」の目指すものとは——
山陽小野田市民病院 事業管理者・病院局長 河合伸也

【医療政策と病院経営(9)】
改革が求められる慢性期入院医療
メディキャスト株式会社

【医療最前線 Report】
「第20回DPCマネジメント研究会学術大会」より
DPCマネジメント研究会 発足10周年
日本経済と医療の今後をテーマに講演

日本大学国際関係学部 教授 水野和夫
千葉大学医学部附属病院 病院長企画室長 井上貴裕

No.8

【Top Runner's View】
受診予約を確定させることで年間の通院中断率は1%にまで激減
循環型糖尿病地域医療連携パスのアウトカム
東京都立多摩総合医療センター 内分泌代謝内科部長 辻野元祥

【医療政策と病院経営(8)】
見えてきた2016年度診療報酬改定の行方
重症度、医療・看護必要度の見直しに注目

メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年10月のポイント

No.7

【Top Runner's View】
キャパシティに応じた逆紹介で非専門診療所も参加しやすく
東京・多摩地域における糖尿病医療連携体制とは——
東京都立多摩総合医療センター 内分泌代謝内科部長 辻野元祥

【医療政策と病院経営(7)】
2015年10月、医療事故調査制度が始まる
メディキャスト株式会社

【医療最前線 Report】
「第1回日本医薬品安全性学会学術大会ランチョンセミナー」より
抗がん薬のトータルマネジメント
~曝露ゼロとやりがいの職場作りを目指して~
神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部長 橋田亨

No.6

【Top Runner's View】
地域包括ケアシステムの構築はコミュニティ再生活動だ
確固とした医療連携体制築き、地域包括ケアを後押しする
医療法人社団みずの会 みずの内科クリニック 院長 水野康司

【医療政策と病院経営(6)】
骨太の方針、日本再興戦略、規制改革実施計画
医療機関に求められるこれからの改革の方向性を読み解く

メディキャスト株式会社

【医療最前線 特別インタビュー】
「日本一の自治体病院」を目指す大崎市民病院のチャレンジ
宮城県北で地域完結型医療を展開
大崎市民病院 院長 並木健二

No.5

【Top Runner's View】
「帰りたい」から「帰らせる」へ 様変わりする在宅医療に戸惑い
この“大波”を迎え撃つには在宅医同士のさらなる連携が不可欠
医療法人社団みずの会 みずの内科クリニック 院長 水野康司

【医療政策と病院経営(5)】
マイナンバー導入で個人情報保護の管理体制見直す
メディキャスト株式会社

【医療最前線 Report】
「第7回JSOPP(日本がん薬剤学会)学術大会 教育講座」より
がん医療における費用対効果
国際医療福祉大学薬学部 教授 池田俊也

No.4

【Top Runner's View】
がん医療という「強み」をさらに拡充していく
病院再編時代への対策
公益社団法人鹿児島共済会 南風病院 院長 福永秀敏

【医療政策と病院経営(4)】
急性期入院医療の新たな指標
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年6月のポイント

No.3

【Top Runner's View】
病床数は極力減らさず重症患者の受け入れと早期回復・退院に注力
「7対1病床」をいかに維持・回転させていくか
公益社団法人鹿児島共済会 南風病院 院長 福永秀敏

【医療政策と病院経営(3)】
地域包括ケア時代における医療機関の役割
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年5月のポイント

No.2

【Top Runner's View】
2025年の病院生き残りをかけ明確なビジョンを描け!
自施設の役割や特性を打ち出さねば、生き残りは難しい
社会医療法人緑泉会 米盛病院院長 米盛公治

【医療政策と病院経営(2)】
事業承継、分割、営利ホールディングカンパニー型と
医療機関の大型再編時代へ

メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年4月のポイント

No.1

【Top Runner's View】
県下の救急医療の強化を図る!
民間として初めてドクターヘリの補完運航に挑む
社会医療法人緑泉会 米盛病院院長 米盛公治

【医療政策と病院経営(1)】
診療報酬改定後の経営環境の変化と2015年の医療政策
メディキャスト株式会社

【厚生行政ニュース】
2015年1月~3月のポイント

製品に関する
お問い合わせ

くすり相談室

インターネットでの
お問い合わせ
フリーダイヤルを
ご利用の方
0120-47-9321
携帯・スマートフォンをご利用の方
03-3863-1225

受付時間 8:45〜17:30
※土日・祝祭日を除く

関連情報
健康が気になる皆さまへ
ヘルスケア商品のご案内
四季のヘルシーフーズ
食事療法レシピ集
気になる生活習慣病
健康生活のススメ
大腸内視鏡検査の前に 腸管洗浄剤を服用される方へ
医療関係者の皆さまへ
製品情報
Chemiphar Oncology
ピコプレップ配合内用剤
メディカルトピックス
研究会・セミナー情報
臨床検査薬事業
安定供給体制等に関する情報
トピックス一覧
株主・投資家の皆さまへ
ニュースリリース
企業情報・経営方針
業績・財務情報
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
電子公告
企業情報
経営理念
社長メッセージ
会社概要
役員紹介
企業沿革
事業概要
研究開発
事業所一覧
CSR
日本ケミファはやわかり
企業活動と医療機関等の関係の透明性への取り組み
採用案内
新卒採用
キャリア採用
障がい者採用
採用案内FAQ
先輩社員からのメッセージ
部門紹介

医療関係者向けサイト

医療関係者の皆さまを中心に、弊社の提供する医療用医薬品情報、臨床検査薬情報、セミナー・研究会情報などを掲載しています。

あなたは医療関係者ですか?

Copyright © 2016 Nippon Chemiphar Co., Ltd. All rights reserved.

これより先は日本ケミファ株式会社のホームページを離れ、
外部サイトへ移動しますがよろしいですか?